忍者ブログ
[6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

現在は、コンビユーテイングとコミュニケーションが密接に融合し、コンピュータをネットワーク化して利用する環境が広く普及しています。インテルが1993年に新世代の高性能なPentiumプロセッサを発表した頃には、パソコンにも高速な通信を可能にするインタフェースとして、イーサネットが装備され普及するようになりました。
この有線ケーブルを使用するイーサネットは、インテルとゼロックス、DECの3社が共同で開発し、IEEE802.3規格として標準化されたLANであり、当初は10Mbpsの伝送速度でした。その後、イーサネットの高速規格の標準化が進められ、パソコンに100Mbpsのイーサネットが標準装備されるようになっています。家庭やオフィスでパソコンによる高速なコミュニケーションが実現できるようになりました。

コラム③IMT-2000
1MT-2000は、正式には“InternationalMobileTelecommunications-2000”といいます。国際標準機関であるITUが1999年に策定した、3G(第3世代)の移動通信システムの標準です。2GHz(2000MHz)の周波数帯を使用して、2000年に伝送速度が最大2Mbps(2000kbps)の移動通信サービスを開始することを目標としていたことから、「-2000」とつけられました。
IMT-2000には5つの規格がありますが、日本と欧州から共同で提案された「W-CDMA」と、米同から提案された「CDMA2000」の2つが国際的には広く普及しています。
11本では説W-CDMAはNTTドコモとボーダフォンから、CDMA2000はKDDIからサービスが提供されています。
MNPならソフトバンク
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]

Template by decoboko.jp